県立手賀沼自然ふれあい緑道

teganuma-fureai

手賀沼の南側の柏市北柏橋から、北千葉第二機場、道の駅しょうなん等を経由し、手賀曙橋に至る堤防を利用して整備された全長9.4kmの緑道です。手賀沼の豊かな自然を感じながら、散歩やジョギング、サイクリングなどを楽しむ事ができます。緑道の各所には見晴らしデッキや休憩所があり、手賀沼に飛来する野鳥の観察も出来ます。手賀大橋から曙橋方面へ0.9キロの地点にはハスの群生地が広がっています。

基本情報

住所

柏市北柏橋(柏市戸張新田)から柏市手賀曙橋(柏市片山新田)

TEL
ホームページ
営業時間
休業日
駐車場あり
アクセス

自転車で行く手賀沼マップ

ダウンロードはこちら(PDFファイル)

見どころ

緑道

沼側は自転車道、陸側が遊歩道になっています。
おすすめサイクリングコースはこちら

手賀沼の伝説が刻まれた碑

「藤姫伝説」や「鼻喰い田」、「日女若ものがたり」など手賀沼に関わる伝説、説話の碑などもあるので、散歩しながら探してみてはいかがでしょう

ハスの群生地

手賀沼の30分の1ほどの広さをしめるハスの群生地があります。
ハスの群生地の情報はこちら

MAP